ゼニカルとサノレックスを通販で購入したい

ゼニカルとサノレックスを通販で購入したい

ゼニカルとサノレックスは、どちらも肥満の治療に役立つ医薬品です。

いずれも医療機関で処方してもらうのが1つの方法ですが、値段は高めとなっています。そのため、個人輸入で購入を検討する人も多いです。

しかし、ゼニカルは海外通販で取り扱っていますが、サノレックスは個人輸入でも入手できません。

ゼニカルは、ダイエット薬と呼ばれる油の吸収を抑えます。しかし、サノレックスは、神経に作用する薬なので、第3種向精神薬に指定されているのです。

第3種向精神薬は、医師の処方が必要不可欠で、個人の輸入が認められていません。したがって、海外通販では取り扱えないのです。

痩せる薬を通販で購入したいのであれば、必然的にゼニカル一択となるでしょう。

ゼニカルは油を効果的にカットしてくれます。また、吸収されなかった分は、排出されるので、ついつい食べ過ぎてしまう人にとって役立ちます。

サノレックスの入手には、受診が欠かせませんが、ゼニカルのみなら海外通販で取り寄せることが可能です。

ゼニカルとサノレックスを病院で処方してもらいたい

ゼニカルとサノレックスは、どちらも取り扱っている病院があるので、専門の医療機関に足を運べば処方が受けられます。痩せる薬なので、肥満と診断されないと処方してもらえません。

ゼニカルは、体型次第で処方してもらえる可能性が高いでしょう。

ただ、サノレックスは使える人が限られているので、通常の肥満程度では処方してもらえません。

絶対に入手できるとは限りませんが、相談してみる価値はあると思われます。ゼニカルは、1錠あたり300円ほどの値段が相場なので、1日あたり900円ほどの負担となります。

勿論、他にも診察料や交通費が発生します。ダイエット目的の場合は自費になるので、その点も考慮してコストを計算する必要があります。

一方サノレックスは、保険適用がなければ1錠500円から1,000円です。保険が適用されれば50円から200円にまで下がります。

保険適用外だと、1ヶ月に15,000円から20,000円もの出費に繋がります。保険適用を前提に病院で相談するのが賢明です。

タイトルとURLをコピーしました